img-1

ベラルーシの伝統的なウエディング

ロシアに近いベラルーシは、農村が多い小さな国です。昔から伝統的なウエディングを行うことで知られています。


ベラルーシのウエディングは、女性が5歳のときにはすでに準備が始められます。


結婚すると女性は親族の男性にベルトを贈るしきたりがあります。

このベルトの作り方を幼い頃から学びます。

毎日ベルトを作る練習をして、プロポーズされる頃までにベルトを何本か作っておくように準備します。

レーザー脱毛 心斎橋 口コミを詳しく調べるなら便利なサイトです。

挙式の当日にベルトを贈るので、人数分のベルトを用意する必要があります。

そばかす治療 銀座に関する情報探しで困った時に見てほしいサイトです。

ベラルーシのウエディングは、新郎が新婦を迎えに行くことから始まります。


新婦は木箱に入って新郎の迎えを待ちます。

一流の脱毛 大阪 実績の補足説明を致します。

新郎はその木箱を担いだり引きずったりして、新婦を会場まで連れて行きます。

にきび跡治療 銀座サイトを今すぐ確認してみましょう。

このベラルーシの伝統的なエスコートができない男性は、力のない男として親族にからかわれるので、新郎は必死になって新婦を運びます。

植毛 料金が話題になっています。

新郎の家まで運んだら、黒パンに塩をつけて食べる儀式を行います。
新郎の親族が黒パンを載せた亜麻のタオルを渡して、ちぎって食べる動作には歓迎と感謝の挨拶を意味しています。


その後1週間披露宴は行われ、飲食や踊り、歌を楽しみます。
かつてベラルーシではウエディングが一種のお祭りとして扱われていました。

http://www.sankei.com/economy/news/150407/prl1504070154-n1.html

また農村では収穫の多い時期のウエディングが禁止されていました。

http://top.tsite.jp/news/beauty/o/31634973/

よって収穫が落ち着いた冬に行うことが多いです。


現在は近代化に伴い教会式を好むカップルもいますが、昔ながらの儀式を重んじるカップルもいます。

http://chiebukuro.yahoo.co.jp/tag/tags.php?tag=%E3%83%9F%E3%83%8D%E3%83%A9%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3&page=5

関連リンク

img-2

看護師が転職しなくても済む環境

看護師という職業は、大きな病院に勤務していると、日勤と夜勤をシフトを組んで勤務することが一般的になっています。若いうちはまだ体力もありますが、年齢を重ねるにつれてシフト勤務がつらくなることもあります。...

more
img-3

婚活中に感じる苦痛とは

婚活をしている人は様々な苦痛を味わうことになります。それには、婚活をせざる得ない状況からくるものや、必死さから馬鹿にされると感じてしまうものがあります。...

more